サンプル記事(文章の書き方・構成を参考にしてください)

2月も中旬になり、そろそろ春の兆しが見え始めてる今日この頃。

そんな冬から春の移り変わりのシーズンに咲き乱れる美しい花、梅の花。

古都・鎌倉では毎年いたるところで梅の花を楽しむことができますが、メディアで取り上げられている明月院や長谷寺など有名スポットは、人が多くて落ち着いて梅の花見ができないのが現状です。

花見ぐらい落ち着いてゆっくり楽しみたい・・!という人も多いかと思いますが、鎌倉の花見ではいかに穴場を見つけられるかが重要になってきます。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kaiwa1.jpg” name=””]

もっと、落ち着いてゆっくりお花見できる場所ないのかしら・・?

[/speech_bubble]

そこで今回、鎌倉の梅名所!ということで、地元民おススメの穴場スポット3選をこっそり紹介させていただきます!

鎌倉の梅名所!地元民おススメの穴場スポット3選!

荏柄天神社(えがらてんじんじゃ)

鎌倉で最も早く梅の花が開花すると言われているのが、荏柄天神社。

祭神は菅原道真で、鎌倉を代表する学問の神様として知られています。

境内には、寒紅梅(かんこうばい)という種類の梅が100本以上植えられており、小ぶりですが淡くて可愛らしいピンク色が印象的です。

立地が鎌倉駅からバス一択ということもあり、そこまで観光客が押し寄せませんので、じっくりと梅鑑賞をしたい方にはおススメです。

[su_box title=”★梅の開花情報★” box_color=”#fb2477″]

例年、2月の1週目~2週目が満開シーズン

[/su_box]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kaiwa1.jpg” name=””]

福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と並ぶ三天神の一社です。

天神様の菅原道真公は梅を愛していたようで、境内には多くの梅の木がありました。

私が行った時期は満開には少し早すぎましたが、つぼみはちらほら見れました。

満開のシーズンに行ったらかなり綺麗だと思います。

[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kaiwa2.jpg” name=””]

鎌倉の中で最も早く梅の花を楽しめる場所。

鎌倉で有名な明月院や長谷寺よりは、規模や見ごたえは劣ります。

ただ、立地が悪いため人混み具合がひどくありませんので、じっくりと落ち着いて梅鑑賞をしたい方にはおススメです!

受験生には合格祈願でも有名な神社です。

[/speech_bubble]

住所 神奈川県鎌倉市二階堂74
アクセス JR鎌倉駅東口より、京急バス4番線「大塔宮」行「天神前」下車3分。
営業時間 8:30~16:30
定休日 なし
駐車場の有無 あり ※市営駐車場
入園料 無料
電話 0467-25-1772
ホームページ 荏柄天神社

海藏寺(かいぞうじ)

鎌倉の隠れた梅の名所として有名なのが、海蔵寺。

胎内に薬師のお顔を納めたと言われる珍しい仏像を本尊とし、草花が溢れる花のお寺として有名です。

鎌倉から徒歩15分という立地にあるため、観光客は比較的まばらで、境内には紅梅・白梅をはじめ、三椏などが咲き乱れています。

[su_box title=”★梅の開花情報★” box_color=”#fb2477″]

例年、2月下旬から3月上旬頃が満開シーズン

[/su_box]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kaiwa1.jpg” name=””]

鎌倉駅や小町通りなどの観光の中心地から距離があることもあり、観光客は少なめです。

そのため、静かで落ち着いた空間で梅鑑賞をすることができます。

梅の木自体の規模は少なめですが、お寺の静かな雰囲気と淡いピンク色の梅がかもしだす世界観はなんともいえぬ感動を覚えます。

梅以外にも色々な草花も楽しむことができます。

[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kaiwa2.jpg” name=””]

人混みを避けたい方にオススメな穴場スポット、海蔵寺。

扇ヶ谷の奥にある海蔵寺は、花の寺として人気があるスポットです。

鎌倉駅から歩いて約15分となっていますが、けっこう歩きます・・。

そのため、私が行ったときは観光客はほとんどいなくて貸し切り状態で梅の花を観賞することができました♪

白梅・ピンク色の梅・紅梅など色々な種類の梅の花を観賞することができます。

[/speech_bubble]

住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
アクセス JR鎌倉駅東口より、徒歩で20分
営業時間 9:30~16:00
定休日 なし
駐車場の有無 あり ※無料駐車場
拝観料 100円(十六ノ井戸拝観)
電話 0467-22-3175
ホームページ 海蔵寺

十二所果樹園(じゅうにそかじゅえん)

鎌倉の中で最も梅林の木の本数が多い穴場スポット、十二所果樹園。

なんと梅の花が400本近く植えられているというスケールの大きさ・・!

十二所果樹園は、鎌倉市の東部、横浜、逗子に続く丘陵に位置しており、数百本の梅を見下ろすことができる唯一の場所として知られています。

梅の種類としては白梅がメインのようです。

ただ、立地が悪くバス一択のため、観光客もまばらでじっくり梅鑑賞をしたい方にはかなり穴場スポットになります。

[su_box title=”★梅の開花情報★” box_color=”#fb2477″]

例年、2月下旬から3月上旬頃が満開シーズン

[/su_box]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kaiwa1.jpg” name=””]

梅鑑賞に十二所果樹園へ。

立地の問題もあるようで、広い果樹園の中で出会ったのはたった4組の人たちだけでした。

とにかく静寂が心地よく、じっくりと梅鑑賞するにはこれ以上の穴場はないかと思います。

山頂まで登ると眺望がすばらしく、うっすら富士山を見ることもできました!

[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kaiwa2.jpg” name=””]

とにかくスケールの大きさに圧巻させられました。

約400本近い梅の花が植えられており、梅の花の美しさはもちろんの事、十二所果樹園の展望台からは富士山をはじめ、伊豆半島などが一望できる立地にあります。

鎌倉観光の人混みに疲れた人は、十二所果樹園まで足をのばすと別世界でかなりリフレッシュできますよ♪

[/speech_bubble]

住所 神奈川県鎌倉市十二所七曲
アクセス JR鎌倉駅東口より、京急バス「十二所神社」下車、徒歩15分
営業時間 9:00〜17:00
定休日 なし
駐車場の有無 なし
入園料 無料
電話 0467-23-6621
ホームページ 十二所果樹園

まとめ

今回、鎌倉の梅名所!ということで、地元民おススメの穴場スポット3選をこっそり紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

古都・鎌倉では毎年いたるところで梅の花を楽しむことができますが、観光地である鎌倉で落ち着いてゆっくりと花見をするためには、いかに穴場を見つけられるかが重要になってきます。

今回紹介させていただいた穴場スポットは、立地は悪いですが観光客が行きにくい場所になりますので、じっくりと梅鑑賞をできることは間違いありません。

是非、桜のシーズンを迎える前に、鎌倉で梅鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする