記事の書き方説明

【1】画像サイズは640×480pxでお願いします。

【2】記事の行間は2行でお願いします。強調色は(赤・青・黄色マーカー)になります。

2月も中旬になり、そろそろ春の兆しが見え始めてる今日この頃。

そんな冬から春の移り変わりのシーズンに咲き乱れる美しい花、梅の花。

古都・鎌倉では毎年いたるところで梅の花を楽しむことができますが、メディアで取り上げられている明月院や長谷寺など有名スポットは、人が多くて落ち着いて梅の花見ができないのが現状です。

【3】記事冒頭と見出し(h2)のはじめに、画像(640×480px)を入れてもらいますが、

   著作権フリー画像がない場合は、twitterやインスタから引用してください。

 ※個人的に撮影した写真がある場合は、ご使用いただいてもOKです。

花見スポット3選!

【4】口コミを作成する場合は、下記のコードで囲って作るようお願いします。

  →トライアルではプラグインを入れてないのでプレビューで見ても、

   コードのままになります。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kaiwa1.jpg” name=””]

福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と並ぶ三天神の一社です。

天神様の菅原道真公は梅を愛していたようで、境内には多くの梅の木がありました。

私が行った時期は満開には少し早すぎましたが、つぼみはちらほら見れました。

満開のシーズンに行ったらかなり綺麗だと思います。

[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kaiwa2.jpg” name=””]

鎌倉の中で最も早く梅の花を楽しめる場所。

鎌倉で有名な明月院や長谷寺よりは、規模や見ごたえは劣ります。

ただ、立地が悪いため人混み具合がひどくありませんので、じっくりと落ち着いて梅鑑賞をしたい方にはおススメです!

受験生には合格祈願でも有名な神社です。

[/speech_bubble]

【5】スポットの場所などの情報は、下記のようにお願いします。(地図と表)

住所 神奈川県鎌倉市二階堂74
アクセス JR鎌倉駅東口より、京急バス4番線「大塔宮」行「天神前」下車3分。
営業時間 8:30~16:30
定休日 なし
駐車場の有無 あり ※市営駐車場
入園料 無料
電話 0467-25-1772
ホームページ 荏柄天神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする